社会音痴続けますか?

会社員、音楽家、文筆家(新人)による日記です。

2ヶ月に1度の話。

東京の暑さがすごい、むごい。

 


これでもかというくらいにインドアにさせたがっている。クーラーが壊れた時が僕の終わりだ。


2ヶ月に1度、僕は某所に行き恥じらいを捨ててある行為をしてもらっている。

決して怪しい行為ではない。


名前ではなく番号で呼ばれる。

 

僕と同じようにある行為を受ける人がまさに今並んでいるなうなんだけど、髪型がキノコ系なのは僕だけだ。

 

個性の時代だ。男女平等だ。東京のランチは平気で900円もする。地元だったら百姓一揆が起きる。

 

 

今日は夕方から珍しく人と会うことになっている。

 

 

ラーメンが食べたい。昔ながらの中華そばを2018年版に仕上げて食べたい。メンマと呼ぶかしなちくと呼ぶか熱い議論を交わしながら食べたい。

 

 

もしくはサイゼリヤに行き、半熟たまごのミラノ風ドリアの半熟たまごを割って最初の一口だけ永遠と食べ続ける仕事で暮らしてみたい。

あの一口目の価値と美味さ半端ない。

 

 

画像はあっさりが少ないのか、あっさり味で量が少ないのか。気になって夜しか眠れません。

f:id:iwa-0125:20180825114505j:image

 

それではまた。