社会音痴続けますか?

会社員、音楽家、文筆家(新人)による日記です。

山ピーになりたい話。

しょうがないのだ。

 

 

例えば僕が山ピーに産まれてたら色んなことを不自由なくできていたかもしれない。スタバに行ったら綺麗なお姉さんがくれたカップにLINEのアドレスが書かれているのであろう。マックに行ったら入店の瞬間に、ティロリンティロリンティロリンの音が聞こえて来るんだろう。あんなことやこんなことやピーピーピーなこともできていたかもしれない。今世では山ピーに譲ることを決めました。どうも品川区の変態ぶなしめじです。


先日会社の先輩達と五反田の某鳥貴族に行った。ちなみに僕はお酒が飲めないほうだから必然的に飲み会は地獄と位置づけをしている(今回のような会社の先輩、後輩、顔見知りの人とは大丈夫なんですけどね)

 

 

合コンとやらも1度も行ったことがない。知らない人とゆかりのない場所でお酒を交わすことができる人たちは、どこぞでそのような訓練を受けたのか。ブックオフでもそんな攻略本が売ってない。何より気を遣ってしまい鍋などつつけずに、ひたすら大根サラダの大根を食べているふりをしている姿が目に浮かんでしまう。

 

 

はぁ。

 

 

某鳥貴族の話の続きですが、コークハイを注文したのに、なんとウーロンハイが出てきたのだ。南アフリカ系の店員さんが満面の笑みで渡してくるもんだから文句も言えず仕方なく飲んだ。これは私を試しているのだろうと思った。流浪の民

 

 

はぁ。

 

 

今日はスタジオで練習してました。
最近バンドを続けていられることが奇跡としか思えてならない。ありがたい。
僕が山ピーだったら中学生の頃にギターを弾き始めることなく、ブレイクダンスとカラオケはエグザイルだったであろう。そう考えたらやっぱり奇跡だ。

 


山ピーになりたい。

 


納豆にからしは入れない派です。
また明日。f:id:iwa-0125:20160911174413j:image